札幌の排水配管工事

トイレを増設したので排水管を新設します。 

P1060624.jpg

 

弊社ではできる限り外部に排水管を布設する場合は万が一のトラブルにも

対応できるように、規定の位置に排水マス(排水管の点検口)を設置します。

P1060634.jpg

 

こちらは、もともとコンクリートマスがあった場所ですが、

今後のトラブル防止で、きちんと塩ビ製のマスに交換します。

P1060633.jpg

 

配管が終わったら直ぐに埋め戻さずに、排水管の勾配を測定し逆勾配に

なっていないかをしっかりと検査します。

P1060645.jpg

 

 

弊社で使用の測定器は、なんと10mで±0.88mmと言う精密な機械で測定します。

一般の業者ですと、手動で測定する機械を使いますが、誤差がどうしても出るため、

弊社では、自動で水平を合わせレーザー光を照射する水準器を使用します。

P1060642.jpg

 

 

外部の排水管配管工事が完了しました。

中間と曲がりの部分にマス(点検口)を設置して、万が一の排水詰まりも

これで安心です。

P1060684.jpg

 

 

弊社では排水の新設はもちろん、痛んだ排水管の取替え工事も

承っております。 

P1060685.jpg

 

 

「真冬の排水工事です」札幌排水つまり修理

札幌市内の豪雪地区です。

こんな真冬に恐れていた事態が発生しました。

P1020828.jpg

 

 

トイレの排水がつまりまったく流れないので早急な対応が必要でした。

急遽、排雪作業しました。

P1020825.jpg

 

長年の感でピンポイントで排水マスを探すことができました。

P1020827.jpg

 

早速、問題の場所を掘削しましたところ、やはり排水マスが沈下し

継手が外れて管内の泥が進入し閉塞状態でした。

IMG_6344.jpg

 

早速、洗浄し泥を除去します。

IMG_8686.jpg

 

 

ソケットと言う延長させる継手を使用し沈下した分の

配管も延長させます。

これで春までは持ちそうですが、本格的な排水管の

入れ替え工事が来年には必要になりそうです。

IMG_5178.jpg

札幌東区 排水詰まり修理

 

P1030357.jpg

 

 

マンションの出入り口で不自然な陥没症状が発生しました。

 

P1030329.jpg

 

 

穴をのぞくと排水管が外れていると思われ、汚物が大量に噴出しています。

P1030330.jpg

 

 

影響のある舗装を剥離します。

P1030358.jpg

 

 

舗装を撤去すると見事な穴が現れてきました。

P1030359.jpg

 

 

やはり地盤沈下で排水管が外れていましたのですぐに復旧しました。

P1030360.jpg

 

 

せっかくなのでサービスでコンクリートマスまで配管を交換しました。

P1030362.jpg

 

 

工事後舗装を復旧します。

P1030391.jpg

 

最後に白線を塗って工事完了です。

P1030392.jpg

 

弊社では住宅やマンション・ビルなどの排水工事もこなしていますので排水トラブルの

時は是非、弊社にご相談ください。

 

札幌 排水 つまり 漏水 修理 水道 水漏れ 水抜栓 詰まり  札幌 排水 つまり 漏水 修理 水道 水漏れ 水抜栓 詰まり  札幌 排水 つまり 漏水 修理 水道 水漏れ 水抜栓 詰まり  札幌 排水 つまり 漏水 修理 水道 水漏れ 水抜栓 詰まり  札幌 排水 つまり 漏水 修理 水道 水漏れ 水抜栓 詰まり  

 

 

札幌東区〜トイレの排水工事

 

 DSCN1067.jpg

便器、床を壊し排水管を移動しました。

DSCN1003.jpg

きちんと穴埋めし湿気や冷気を防ぎます。

手抜き工事はこういったところをきちんとふさぎません。

DSCN1015.jpg

木下地を作っています。

DSCN1017.jpg

DSCN1018.jpg

壁紙を貼りました。

DSCN1024.jpg

工場なので床は土足でも大丈夫な丈夫なシートです。

DSCN1026.jpg

After

DSCN1027.jpg

▲このページのトップに戻る